プロレス黄金時代

アンドレ・ザ・ジャイアント

アンドレ

◆リングネーム:アンドレ・ザ・ジャイアント
◆本名:アンドレ・レネ・ロシモフ
◆ニックネーム:世界8番目の不思議/人間山脈/大巨人/一人民族大移動
◆身長:223cm
◆体重:236s
◆生年月日:1946年5月19日
◆出身地:フランス国グルノーブル


大巨人!アンドレ・ザ・ジャイアント

今ではデカイ人もたくさんいるのですが、当時は巨人といえば、誰でも認めるアンドレです。

 

日本では、国際プロレスの時代から参戦(これは見ておりません)。その後、全日本プロレス、新日本プロレスと、活躍しました。

 

デカサゆえに投げ技をかけられることはなかったですが、ホーガンやスタン・ハンセン、ハーリー・レイスなどのレスラーによって投げられているそーです。

 

日本人ではアントニオ猪木、長州力の2人のみとのこと。

 

アンドレをボディスラムで投げる事がレスラーの間で一種のステイタスだった事もあったそうで、そりゃあ、そうだよな。

 

個人的には「強さ」というより、どうやったら倒せるのかという「大きさ」に思いがいってしまいました。特に新日本プロレスではヒールだったんで。。
ただ、晩年の全日本プロレスでの馬場さんとのタッグは楽しそうでしたね。本質的にはベビーフェイスの方だったんでしょうかね。

 

この方も、惜しくも1993年に46歳で逝去。SK絵師は、「存命なら、還暦を超えていますね。ってことで、赤いチャンチャンコを着せてみました」とのこと。

得意技・主な戦績

◆得意技
 ジャイアント・プレス
 ヒップドロップ
 ツームストーン・パイルドライバー
 ネックハンギング・ツリー