プロレス黄金時代

プロレス黄金時代

ブッチャー!

プロレス黄金時代。

 

新日本プロレスが、金曜8時のゴールデンタイムにテレビ中継されていたあの時代。。
猪木がぐっとあごを引き、ハンセンが吼え、長州が狂気し、古館伊知郎が絶叫したあの頃。。

 

 

全日本プレレスが、土曜夕刻にテレビ中継されていたあの時代。。
鶴田が気合をこめてパンツをあげ、テリーファンクが号泣し、ザ・シークがサーベルをなめ、御大馬場が十六文キックを泰然と決めていたあの頃。。

 

 

兄弟間のチャンネル争い(何しろ、新日本プロレスは「金八」やら「太陽にほえろ」やらの裏でしたから)に勝利し、食い入るようにプロレスを見つめていた70年代後半から80年代にかけての英雄達を、イラストにしてお送りいたします!

 

どうぞ、懐かしみ、そして笑ってくださいませ!


全日本プロレス

日本プロレスに所属していたジャイアント馬場中心に結成。

 

旗揚げ戦は1972年10月22日東京の日大講堂。

 

一貫して「王道の純プロレス」を実践。

 

 

馬場が培ったアメリカ(主にNWA)での人脈を生かし、幾多のスター外国人選手を招聘して人気を得た。力道山時代の「日本人レスラー対外国人レスラー」の系譜を受け継いだものだといえる。

 

新日本プロレスの格闘技路線と比較されるが、アメリカンプロレスの源流を日本に紹介したこと、レスラーの高度な駆け引き、プロレス特有の「受けの美学」を見せたことなどが評価の対象となっている。

新日本プロレス

1972年1月、日本プロレス選手会を除名されたアントニオ猪木が設立。

 

同年9月に設立されたジャイアント馬場率いる全日本プロレス(全日)と、男子プロレス界の二大老舗団体として君臨。

 

「ストロングスタイル」と呼ばれるファイトスタイルを掲げている。